睡眠サプリメントで不眠症が治りました。

不眠症になる原因で最も多いものの1つに
職場の人間関係があります。

今回は、職場のストレスから不眠になった人の体験談です。

 

私が不眠になっていた原因は、不眠になっていたときに勤めていた
職場の人間関係が良くなかったからです。

元はといえば自分の仕事の失敗が元となってしまった出来事でしたが、
自分が悪いとはいえ全く眠ることができないという日々が続いたことは、
本当にきつかったです。

周囲との軋轢をうんでしまった仕事の失敗は、
当時私がついていた職種がやるべき仕事を一部できずにいたことが原因です。
前職との引き継ぎがない状態で、上からはできるだろう分かるだろうと追い詰められ、
周囲には同じ職種の人もいなかったので、完全に孤立無援状態でした。

この状況では、誰に報告連絡相談をすれば良いのかも分からない状態が続き、
ますます不眠に陥ってしまいました。というより連絡も相談もする相手すらいませんでした。

それでも誰かしらに相談するのが筋だとは思います。
それが普通だからです。とはいってもこんなことを延々とループで悩んでいたら、
不眠は最高で3日から4日続くという日もありました。
わずかに眠ることができてもせいぜい一回の就寝で
2時間から3時間前後という悲惨な睡眠となることも多くありました。

さすがに3日から4日も続くと、
動悸がしたりフラフラとめまいが起きたりすることもありました。
不眠が続くと、心臓が急に締め付けられて
鼓動が早く打たれる感覚に襲われることが増えたので、
これはマズイと思いました。

ネットで調べたら、睡眠サプリメントが効果的だと知りました。
さっそく注文して、しばらくはサプリを飲んでいました。

サプリでも1日2時間から3時間程度しか寝られない状態のときは、
実によく効いてくれて簡単に眠りにつくことができました。

さらに、
自然に睡眠にありつける精神環境をつくるため、仕事は辞めることにしました。
もっと自分に適した仕事につけば、自然に眠ることができるだろうと考えたからです。

現在は自分の性格に適している職種についているので、不眠になることはほとんどないです。

目先の解決手段としては睡眠サプリが効果的でしたが、
長期的に見た場合には不眠の原因を作っている環境を改善することの方がさらに効果的でした。

 

昔は不眠症治療といえば睡眠薬を飲むことでした。

しかし、現在は睡眠薬の危険性が指摘されており、
できれば飲みたくない人がほとんどです。

そこで近年注目されているのが睡眠サプリメントです。

睡眠サプリは薬ではありません。
薬ではないので副作用の心配もなく、
安心して飲むことができるのが人気の秘密です。

この方も睡眠サプリを上手く活用して
不眠を克服しています。

もしあなたが眠れないと悩んでいるなら、
一度試してみてはいかがでしょうか。

>>私が眠れるようになったサプリはこちら